ひよこらむ

貯金が全くできない人へおすすめしたいコツとテクニック

ひよこ
ひよこ
ひよっこは宵越しの金は持たない・・・



嘘ですただ貯金ができないだけです。

貯金したいけどなかなかたまらない・・・日々の生活で精一杯。

しかし、将来の事を考えると大切になってくる貯金。実は簡単なコツがあれば誰でもできるようになります

今回は貯金が全くできなかった私が出来るようになったコツとユニークな貯金方法を紹介していきます!

貯金のコツ①:日々の支出から見直す!

これまでの私は「一か月で○○円貯金しよう!」と目標を立て、月末に貯金をしていく方法をとっていましたが、貯金する時に限って発生する臨時支出やクレジットカードの請求・・・
旅行でつい羽目を外しクレジット破産寸前なんて事もしばしば

今月は厳しいから辞めておこう!なんて月が続き、結局貯金できずにいました

そこで行ったのが日々の支出を見直すこと。第一ステップで一か月何にお金を使っているのか把握することから始めました

見直してみるとこんな感じに・・・

奨学金、保険   ・・・約4万
家賃      ・・・6万
光熱費     ・・・約8千
携帯、通信費  ・・・約2万
食費      ・・・約4万5千
交際費     ・・・約2万5千
趣味      ・・・約6千

今振り返ってもお粗末すぎるお金の管理をしていました。

これは最悪時の支出な為毎月ではありませんでしたが、私の手取り金額は約19万でしたので、この月は赤字です()学生時代に貯めていたお金を崩して生活をしている月もありました

実際の支出を分析すると・・・

コンビニでの買い物の割合があまりにも多い事がわかりました。

コンビニでは毎朝ペットボトルのお茶orコーヒを買い、車での営業活動中運転の合間に食べれるようなおやつを買い、昼食を買い、客先とのアポの時間調整で立ち寄りまたドリンクを買い、仕事終わりにアイス・・・と毎日続けて一日平均1,000円購入していました。コンビニだけで月2万円の出費でした。

その他にも保険代、携帯代、奨学金、交際費などで残金は2万円残るか残らないか。これでは貯金なんてできるはずもありませんでした。

着手しやすい支出を変えていく

私の場合、すぐにでも着手できるところはコンビニでかかっている費用でした。

毎朝のドリンク代と昼食は自宅から持っていく水筒とランチはお弁当に変更。おやつとアイスは削減しました。そうすると費用がランチ代は約200円に収まり、800円も抑える事ができました。

自分を追い詰めない節約を心がける

私はスイッチが入ってしまうとやりこんでしまう癖があるので、「節約!節約!」となってしまうととことん節約してしまい、返って生活に彩りが無くなってしまう事が多くありました

以前していた節約でも、食費から趣味のお金まで何でも節約。支出をとことん抑えてしまい生活が全く楽しくなくなり節約生活がわずか1か月で終了( ^ω^)・・・なんて事もありました

そのため、今回は朝のコーヒを継続。おやつorアイスを週一で購入することを許可しました
私は生きる=食べるの人なので、飲食へのご褒美は極力削らないように心がけています

おすすめ!ひよこの貯金テクニック

ここではひよこ流のおすすめ貯金方法を紹介していきます。

6か月で○○貯める!など、大きな金額を溜めるものではありませんが、コツコツと継続して貯金できるテクニックを紹介していきます!!

365日貯金

聞いた事がある方も多いと思います。これは大金を貯金していくわけではなく、少額を毎日貯金をしていく方法です。

例えば、1月1日では1円。1月2日では2円と貯金していきます。これを365日継続していきます。1円から貯めていかなければならないわけでもなく、今日その日のお財布の中身と相談して貯金していくのがベストです。毎日貯金していくと・・・66,795円貯まります!

・一日の最大貯金額も365日で負担は大きなものではない
・貯金していく癖(継続)の習慣が身につく

貯金したお金を忘れないように、メモしておくことをおすすめします!かわいく・おしゃれに管理していきたい方は「365日貯金 シート」で検索してみてください。ダウンロードが出来て、かわいい・おしゃれなシートで管理していく事が出来ます。

ありがとう貯金

これは家族やカップルなど、複数人で行う事を目的とした貯金です。
家族では子どもが頑張った事への「ありがとう」
カップルではお互いに一緒に過ごしていく中で出てくる「ありがとう」を貯金にしていく方法です。

ありがとうの気持ちを込めて、貯金が出来るのでとても気持ちよく貯金をすることが出来ます

私の場合、ありがとうの理由を伝えた上で貯金をしていきます。
普段ありがとうを言えていない夫婦やカップル、子どもに対して頑張ったらありがとう貯金が出来るのでおすすめです。


・「ありがとう」の連鎖で貯金をすることができる
・子どもへの教育として有効

スポーツ貯金

サッカー、野球、バスケット、卓球、バレー、相撲・・・

日本では色んなプロスポーツリーグ(場所)があります。スポーツが好きな方は応援しているチームがある人も思います。そこで、応援しているチームが勝てば貯金していこうというもの

応援していくチームが勝利すれば嬉しい気分のまま貯金することができます。
私は貯まったお金は応援しているチームにそのまま還元しています。翌シーズンのユニフォーム代やアウェイ遠征の旅費に使用しています。

・応援しているチームが勝利すれば貯金するというルールを作る
・貯まったお金は応援しているチームに還元することもできる
・趣味と連動して貯金することで楽しみながら貯金ができる

さいごに

節約のコツから貯金のテクニックまで紹介してきました。

私が一番意識している事は節約も貯金も無理なく、楽しんでやることです。

きつきつなプランを作っても、そのプラン通りにやれるかというと、私はできない派の人間でした。

継続して行っていくために、あなたにあった節約、貯金の方法を検討してみてください♪

ABOUT ME
たまぴよ
社会人の恋愛事情やマッチングアプリ攻略法、モテるためのコツを紹介していきます。
たまぴよ
社会人の為の社会人による記事を発信していきます。 名前は出身地「多摩」とひよこっぽいキャラなので「たまぴよ」です。 営業マンのたまぴよが日々感じている会社員の日常、悩み、問題を紹介していきます。
\ Follow me /